【うるみん新聞2019冬号】心癒されるハワイアンミュージックにのり、心身ともに健康なひと時を過ごそう

ハワイの神々への祈りをルーツとする「ハワイアンフラ」は、習い事としても人気。その理由は、子どもから年配の方々に至るまで、それぞれの年齢に応じたダンスを楽しむことができるという理由から。ハワイ語でフラとは「踊り」の意味があり、正式にはハワイの踊りの意として「ハワイアンフラ」というのが正しいですが、「フラダンス」と呼ぶほうが浸透していて分かりやすいのが現状です。
ゆっくりと流れるような手の動きは、「太陽」や「海」などの意味があり、曲の意味を理解しながら踊る楽しみもあります。フラダンスは比較的ゆっくりとした動きなので、あまり体力を使わないと思われがちですが、腰を落とした姿勢で地面を足で踏みしめながら踊るので、楽しみながら踊っているうちに、知らず知らず足腰が鍛えられるという、健康面に嬉しいメリットもあるのだそう。息の切れるような激しい動きはありませんが、インナーマッスル(深層部の筋肉)が鍛えられることで、脂肪を燃焼して代謝をアップさせ、ダイエットにも効果的だと言われています。加えて、笑顔を作りながら踊ることは、心の健康にも効果的とされています。そしてなにより、共通の趣味を持つ仲間との出会いを通して、仲間を得られる「フラダンス」は、日々の暮らしに新たなエネルギーを与えてくれる一歩に繋がります。うるみんでは、「はじめてのフラダンス」という講座が開講されていて、初心者でも楽しみながらフラダンスに触れることができます。この機会にぜひ、健康的な生活を始めてみましょう。


飯田 真理菜 先生

埼玉県出身、フラ歴21年。気候や文化が非常に似ている点に魅力を感じ、沖縄に興味があったことから2005年に移住、スタジオを設立。ウクレレサークルの指導も手掛け、ハワイアンバンドとしても活動中。

 

 


講座情報【はじめてのフラダンス】

この講座では、初めての方向けに、踊りで使うステップ練習からハワイアンミュージックに合わせて無理なく曲を仕上げていきます。ハワイの音楽に合わせて、ココロもカラダもリラックスしてみませんか?

講座の詳細、お申し込みはこちらをご確認ください。

関連記事一覧