うるみん新聞 2021年 春号~野菜を食べよう~

健康な体づくりのための野菜習慣。みなさんは、日頃の食の栄養バランスについて工夫されていますか?  今回は「野菜」を食べるアドバイスを、うるま市健康支援課に伺いました。

 

野菜に多く含まれているカリウム、食物繊維、抗酸化ビタミン。厚生労働省では、これらの栄養素を摂取するために、1日350グラム以上の野菜を毎日の食生活に取り入れるよう奨めています。摂取する野菜の目安は、緑黄色野菜を両手に1杯と、その他の野菜を両手に2杯。もしかしたら、かなりの量に感じてしまうかもしれませんが、加熱してかさを減らしたり、味に変化をつけることで摂取量を増やせます。また、カット野菜の活用や、野菜をあらかじめ切って冷凍保存するなど、手間を省くちょっとした工夫で、野菜が今より身近になるかもしれません。加えて野菜ジュースの活用もおすすめです。うるま市では、国保加入者の特定健診受診者のうち、43.8%が肥満と判定されています(平成28年度)。食生活に野菜を多く取り入れることで、摂取エネルギーを抑え、肥満などの生活習慣病にならない体づくりをしていきませんか。

今回お話を伺ったみなさん うるま市健康支援課 管理栄養士

石川(いしかわ)亜希(あき)さん、佐渡山(さどやま)安美(やすみ)さん 、貞包(さだかね)愛美(まなみ)さん(左から)

健康支援課では、特定保健指導や、出前健康教室、減塩や働き世代のための調理実習などを実施し、市民の健康増進に役立つ情報をお届けしています。

【ゴーヤータコライス】

用意するもの(4人分)

  • ごはん・・・・4膳分
  • チーズ・・・・80g
  • 合挽肉・・・・300g
  • 油・・・・・・・大さじ1
  • 塩・・・・・小さじ1/2
  • にんにく・・1片
  • 玉ねぎ・・・・1個
  • ゴーヤー・・1本

(A)

ケチャップ・・・・・大さじ2

ウスターソース・・大さじ1/2

チリパウダー・・・・大さじ1/2

こしょう・・少々

 

(サルサソース)

トマト・・・・1個

ピーマン・・1/2個

パプリカ・・1/2個

玉ねぎすりおろし・・大さじ1

レモン汁・・大さじ1

島ネロ・・適量(タバスコでも可)

 

①にんにく、たまねぎはみじん切りにする。ゴーヤーはワタを取り、1/2本は粗みじん、残りの1/2本は縦半分に切り、薄くスライスする。

②フライパンに油をひいて中火で熱する。にんにくを炒め、香りがたったら玉ねぎを炒める。さらにひき肉、粗みじんにしたゴーヤーを加えて炒める。

 

③ひき肉の赤色がなくなり、火が通ったらAを加え、炒め合わせる。

 

④トマトはヘタを取り、縦半分に切って中身を取り除き角切りにする。ピーマン、パプリカはヘタと種を除きみじん切りにする。全てボウルに入れ、レモン汁、島ネロを加える。

 

⑤皿に盛り付けたごはんに、③④とチーズ、スライスしたゴーヤーを盛り付けて完成。

関連記事一覧